拝殿が府文化財に - 平野神社、金閣寺周辺

 スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 拝殿が府文化財に

2014-03-12

今朝の京都新聞によりますと
平野神社の拝殿
h207_4_2014031209350836c.jpg

が府の文化財にしていされたそうです。

以下
新聞の記事を転載しておきますと

「現在の拝殿は1650年ごろ東福門院の寄進による建立とされる。

檜皮ぶきで内部の三十六歌仙絵は江戸期の絵師海北友雪が描いたものと伝わる」


この縣社は昭和に入ってから解体修理が行われたが、
当初の形態を引き継ぎ、江戸時代前期の春日造り本殿遺構を知る上で
学術的価値がある。


間もなく桜の季節がやってきます
すでに早咲きの桃サクラや河津サクラは開花しています。

平野神社にとって絶好のタイミングで文化財に指定されましたね!!

theme : 桜の名所
genre : 地域情報

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。