平野神社だより(3月16日) - 平野神社、金閣寺周辺

 平野神社だより(3月16日)

2009-03-16

今日も暖かい好天気になりました。
朝の10時頃に平野神社へ行ったら、昨日から咲きかけていたアーモンド(扁桃)の花が開いてましたので早速撮ってきました。

咲いている場所は大鳥居から入って参道から西大路通りに抜ける道の左手の桜苑の中です。
316.jpg

このアーモンドは昨年は3月21日で1昨年は3月25日だったので、他の品種も早く咲きそうな気配です。
なおアーモンド(扁桃)の花は桜ではなく桜の花に似ているだけです。

ちょっと図鑑から説明文を拝借しますと、
日本では3-4月にかけて、葉のない枝に、白色又は桜色・桃色の花弁の端に小さな切込みの入ったサクラの特徴を有する花をサクラ同様のたたずまいで咲き誇り、7-8月に実が熟する。

(但し花柄が非常に長い桜の花と違いアーモンドは花柄が非常に短く、枝に沿うように花が咲く為、
桜色・桃色の花の品種の場合は桃の花そっくりに見える)。
と書いてありました。


午後の4時頃に又行ったら本殿の左側の石垣のアーモンドもチラホラ咲きだしてました。
朝の10時頃には咲いてなかったのにですよ!!
316_1.jpg
ほんま!! 桜の開花はには目が離せません?
316_2.jpg

平野神社の代表的なサキガケ桜もソロソロ咲いても良いのですが
316_3.jpg

じつはそのサキガケより早く咲く品種が桜苑内にあるのです。
316_4.jpg

その桜は雪山桜と云うのですが、ツボミはもう今にも咲きそうにな色になって膨らんでました。
場所は桜苑内の南の方です。
316_5.jpg



theme : おこしやす!京都
genre : 地域情報

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

リンク