彼岸花と紫式部の実 - 平野神社、金閣寺周辺

 スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 彼岸花と紫式部の実

2010-09-24

真夏日やら猛暑日の続いた今年の夏でしたが、
2.3日前の雨降りのあと、やっと秋らしい気温になりました。

名月祭も無事終わって、次の祭典は紫式部祭です。
今年に実った紫式部の実を神に捧げる行事です。

一般公開は10月3日(日曜日)ですが、すでに桜苑内ではムラサキ色に輝いて実ってました。
0924_3.jpg

その桜苑内の中ほどに薄い黄色の彼岸花も咲いてました。
温暖化のせいでしょうか、今年はお彼岸より遅れていました。
0924_2.jpg


彼岸花といえばやはり赤い色が主流ですが、平野神社の赤い彼岸花はまだ咲いてない
ようでしたが、
境内をウロウロとしていたら、運良く見つかりました。
場所は本殿に向かって左側に石柵がありますが、その中の右手の雑草の生い茂ったところでした。

この場所は神社の休暇をもらわないと勝手にははいれませんが、
それより蚊が襲ってくるので、石柵から眺めている方が安全です。
0924_1.jpg

もう少ししたら、もっと見やすい場所にも咲くことでしょう。

theme : おこしやす!京都
genre : 地域情報

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。